【Google検索エンジン】2024年3月5日にコアアップデートを開始

2024年3月5日にグーグルは2024年3月のコアアップデートとして「March 2024 spam update」を開始しました。

注目すべきポイントは3つ

判定されてしまうとスパム扱いとなり、グーグル検索結果の低評価だけではなく、最悪サイト丸ごと検索対象から外される可能性もありますので注意が必要です。

  • Expired domain abuse(期限切れのドメインの不正使用)
    期限切れドメイン、いわゆる中古ドメインを悪用したウェブサイトに対する制裁。
    前の所有者のドメインレベルの高さを利用してユーザーに不利益となるような内容になっている場合にペナルティが課せられるもので、すべての中古ドメインが不利益を被るのではなく、きちんとユーザーの利益となりえるオリジナルコンテンツを作成していれば大丈夫です。
  • Scaled content abuse(大量生成されたコンテンツの不正使用)
    オリジナルではないコンテンツページを大量に作成したウェブサイトに対する制裁。
    生成AIやほぼ転載だらけの内容を、短期間で大量にコンテツを作成している場合に対象となってしまうようです。
    ChatGPTは記事作成の生産効率を上げてくれますが、あくまでも参考にとどめ、オリジナルのコンテンツにリライトするなど、楽して検索結果上位表示を得ようという甘い考えは捨てるべきということでしょう。
  • Site reputation abuse(サイトの評判の不正使用)
    ドメインパワーの強いウェブサイトのサブディレクトリやサブドメインを利用して、低品質なコンテンツであっても親サイトの評価を受け継ぐ形で検索結果上位表示を可能にさせるという手法を悪用した、ユーザーに不利益を生じさせる可能性のある寄生サイトに対してペナルティを与えるもの。
    このスパムポリシーは2024年5月5日より適用されます。

この記事を書いた人

admoku

40代サラリーマン。給料が上がらない中小企業に勤務。物価高を生き抜くためにブロガーとしてアフィリエイトでの副業収入を確保するために日々ブログ執筆に勤しむ。

GO UP
error: Content is protected !!